事業所紹介:共同生活支援事業所 ゆう


共同生活援助事業:定員20名

地域での生活をみんなで協力しあい、毎日楽しく暮らしています。
 



自立した生活を楽しむ

部屋の整理整頓や洗濯等も入居者が行います。居室内の管理を自分ですることで規律ある生活を送っています。

グループホーム周辺の清掃

グループホーム前の市道を定期的に入居者全員で清掃しています。

プライベートスペースの管理

衣類や生活品の管理は自分で行い、それぞれの生活を楽しんでいます。

健康管理

入居者の服薬や日々の血圧測定、体調管理を行い、健康的な暮らしを提供しています。


 


 


 

交通機関利用訓練

切符の購入や電車の乗り方、改札の通り方などを学び、円滑に電車を利用する事ができました。

季節行事

季節ごとに様々な余暇活動に取り組み、交流を育みながら大切な思い出をみんなで作っています。

交通安全訓練

交通安全協会による交通安全指導を受け、横断歩道の渡り方や交差点などの危険個所を確認し、事故の防止に努めました。


 


 


 


 

地域交流の促進

「ゆう」で結成した舞踊団体「舞YOU」を通じて、地域の皆様との交流機会を増やし、「地域で暮らす」の実践を目指します。地域行事への参加や医療機関、介護施設等への慰問を行っています。
また、地域の一員として、奉仕活動や防災訓練に参加し、地域住民との交流・連携を図りながら、地域での暮らしを実感します。


介護施設への慰問

八幡神社清掃


地域ふれあい地引網大会

 



自治会活動

自治会でホーム全体の活動等を話し合い、色々な行事を企画しています。


自治会

バーベキュー


慰安旅行

 


 

グループホームでの生活を体験する

グループホームでの生活をお考えの方へ

共同生活支援事業所ゆうでは、これからグループホームで生活したい方々を対象とした体験利用を行っています。
入居前にグループホームでの生活を体験する事で、生活上の不安等を解消し、余裕を持って地域での生活を送っていただけます。
体験利用については「うめの里相談支援センター
」までお気軽にご相談ください。

 

 

 

お問合せ先 : うめの里 相談支援センター

〒899-3101 日置市日吉町日置197  TEL:099-246-8177  FAX:099-246-8171

 



支援員から

生活支援員

共同生活支援事業所ゆうでは、「地域との交流」を深めるため、地域行事への参加や住民との交流会、奉仕活動などを行っています。 またグループホームの入居者で結成した舞踊団体「舞YOU」を通して、地域行事への出演や福祉施設への慰問活動を行っています。 グループホームでの生活に興味があり、実際に体験してみたい方は体験利用も実施しておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

 


 

グループホーム(共同生活援助事業)のご利用について

地域で共同生活を営むのに支障のない障害者につき、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において相談その他の日常生活上の援助を行います。

【対象者】

障害支援区分が区分1以下に該当する身体障害者(65歳未満の者又は65歳に達する日の前日までに障害福祉サービス若しくは、これに準ずるものを利用したことがある者に限る。)、知的障害者及び精神障害者。

※ 障害支援区分2以上の方であっても、あえて共同生活援助の利用を希望する場合、共同生活援助を利用することは可能。

▲上部へ移動する